キレイになりたい人へ

いぼの切除治療を受ける前に|種類と施術方法を知っておこう

良性ものが多いです

ウーマン

6つも種類があります

いつの間にか体のどこかにできてくる「いぼ」ですが、知らないうちにできているからといって気がついたら対処をしておくことが大事です。自分の体にあることできになるいぼは、実は考えているよりも種類があり、大きく6つの種類に分けられています。ウイルス感染によってできるものが多いといわれていますので、早目の処置をすることによって通常の状態に体を戻すことが出来ます。自己判断で放置をしないようにすることがトラブル防止の第一歩といえます。また年齢が高くなることによって出てくるいぼもありますので、老化現象の一つとして変化をしてくるものも多くあります。専門的な知識になると尋常性疣贅というのがあり、これは簡単に言えば普通のいぼということになりウイルス感染によって起こるものをいいます。ほとんどの場合、問題なく経過が進むために癌化することがないです。そのためにウイルス感染といっても無症状なために、単純にできる箇所によっては気になるか気にならないかという判断になります。老人いぼと呼ばれるものは、名称から高齢者がなるものと考えられがちですが、実際には若い人でもできることも少なくありません。皮膚の老化現象によってできるので、病気などの心配が無いことから良性のものが多いといわれています。太陽の光を浴びやすい箇所に出来ることから、顔や首、腕などにできることがあるのでわかりやすいといえます。丸みを帯びているのがいぼだと想像する人がいますが、実は扁平な形のものができることもあります。これは、切り傷などの傷口から出来ることが多くウイルス性が長引けば、治療も時間がかかります。これらのいぼを切除する場合には、レーザーを使うことで熱を使って切除することがクリニックや病院で多く取られている方法になります。また冷凍法を使ったやり方では、部位を凍らせてから切除する方法もありますので、クリニックでやってもらう場合にはどの方法がいいのかを選ぶことになります。どの治療方法にも一長一短があるので一番最善ということではなく、自分で通院回数なども含めて吟味することが大切です。いぼにはそれぞれの特徴があるので、前もって調べておくか専門医に話を聞くことで、よりわかりやすいカウンセリングが出来ます。間違っても自分でいじったりして対処する方法はしないほうが、悪化をしないですみます。病院などで専門で見てもらうことができると、切除も含めて今後も安心することができるのも大きなメリットになっているといえます。

ナース

治療時間が短い

いぼの切除には、いぼの状態を悪化させないためにも皮膚科や美容皮膚科による専門的な治療が必要です。炭酸ガスレーザー、もしくは液体窒素による凍結療法が用いられますが、治療時間が短いこと、傷跡が残りにくいことから人気があります。

カウンセリング

病院治療のメリット

いぼを病院で切除する大きなメリットは、様々なサイズ、状況の物にもしっかりと対応した施術を受ける事が出来る事です。また自分で取り除いた時よりも確実にいぼを除去できるので再発のリスクもかなり低いのも魅力です。

カウンセリング

皮膚科か美容皮膚科か

いぼの切除をする場合、病院選びをしていきます。そのとき皮膚科、美容皮膚科のどちらに行くのかを決めます。その後、病院自体のスキル、医師のスキル、アフターケアの充実度などを総合的に比較をして選んでいくことが大切です。

顔を触る人

心の迷いを解消する方法

いぼが自分の体に及ぼす影響が気になる方は、まず自分が希望する環境での切除をしてもらえる機関を探しましょう。その機関での詳しい検査結果がでればより最適な切除方法も分かるので、申込む機関の選択基準を専門家の視点を交えて確立してください。